2022 年 3 月 27 日 利休忌

利休忌
2022 年 3 月 27 日(日)

2022 年 3 月 27 日(日)午後 1 時より、羅府中央学園内茶室「明月庵」および ZOOM に於いて、ロサンゼルス協会主催により利休忌が執り行われた。オレンジ協会幹事長、渡辺宗南氏を迎え参加者およそ40 名が、利休居士の遺徳を偲んだ。
供茶に先立ち、ロビンソン幹事長の挨拶があり、参加者に感謝の意を述べられた。続いて利休居士へ参加者全員が黙祷を捧げた。
茶席に正客、大島宗治氏が席入りし、手向けの花寄せが始まった。大島氏に続き、リモートにて、ベッカー宗華氏、カング宗慶氏、瀬端正世氏、グテレス宗結氏、石塚宗初氏が、思い思いに手向けた心尽くしの花と花入れの紹介をし、最後に亭主、ウンブリアコ宗記氏により床に花が供された。
供茶では、大角宗孝茶道指導責任者の解説が入った。ロビンソン幹事長手製の利休饅頭が供えられた床に、亭主が点てた一碗が半東、ダフィ宗羽氏により供され、参加者一同、総礼した。

続いて国際真剣道連盟 真剣道開祖 小幡利城氏による「真剣道」についての講演会が開催され、通訳を大角宗孝氏が務めた。武士道精神を持つ真剣道を開始した経緯、自身の経験を踏まえて編み出された数々の精神哲学について、歴史や茶道との関連などを交えたお話しをいただいた。質疑応答が続いた。

ロビンソン幹事長による感謝の言葉により、和やかに閉会となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。