2021年3月21日(日) 利休忌(会員のみ)

2021年3月21日(日)小川宗靖邸茶室にて利休忌が営まれた。昨年は新型コロナウィルスの感染拡大を受け中止となったが、今年はオンラインで開催できたことに感謝である。亭主 込山宗拓氏、半東 小川宗靖氏のみが茶室に、裏千家淡交会オレンジカウンティー協会の小泉宗由名誉相談役、渡辺宗南幹事長、南加日系商工会議所の川田薫会頭をはじめとする全参加者54名はそれぞれの自宅から利休居士の遺徳を共に偲んだ。

画面上、床にかけられた淡々斎筆の利休居士画讃『清寂』の軸とともに、ロビンソン宗心幹事長が開会を告げ、先ず利休居士へ黙祷が捧げられた。           

花寄せでは、リモートにて正客の笠井宗京氏はじめ5人の茶道指導者が花を供え、最後に亭主が締めくくった。大角宗孝教授部長の解説によるお供茶では、白天目貴人茶碗に点てられた薄茶が床へ供えられ、参加者一同は静かに合掌した。

 続いて、川田氏による落語「はてなの茶碗」が披露された。

 最後に、ロビンソン幹事長により謝辞と皆の健康への祈願が述べられ閉会となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。